快適なトイレ空間は機能的な収納術で決まる!

快適なトイレ空間は機能的な収納術で決まる!

トイレ空間は、限られた空間だからこそ機能的な収納術を駆使して、快適な空間にしたいと思いませんか?今回は、トイレ空間を機能的な収納術によって快適空間に仕上げているRoomClipユーザーのみなさんの実例をご紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてください。

見せる収納術

戸棚などの収納がない場所でもあるトイレ空間のなかでは、まずは隠す収納術ではなく、見せる収納術からご紹介したいと思います。

容器に入れる&クラフトシールを貼る

容器に入れる&クラフトシールを貼る

消臭剤は、チップスターの筒にクラフトシールを巻いて、縁部分はマスキングテープでおめかしさせたものに入れています。拭き掃除用のシートのケースにもクラフトシートを貼っています。お好きなテイストのものを貼ると良いですね。

リメイクシート+転写シールを貼る

リメイクシート+転写シールを貼る

人気の男前テイストもリメイクシートと転写シールを貼ることで、完成します。中身を入れ替えて使えるので、一度リメイクすればずっと使うことができますね。

入れ物に入れる収納術

見せる収納ではなく、できるだけ隠したい。でも、DIYまではちょっと・・・。という方におすすめしたい収納術をご紹介したいと思います。

トランクに入れる

トランクに入れる

アンティークなトランクを開けると、トイレットペーパーのストックがたくさん入っています。かなりの収納力な上に、トイレ空間のインテリアとしても成立していますね。

蓋つきのカゴに入れる

蓋つきのカゴに入れる

大き目の蓋つきのカゴにトイレ用品を入れてしまえば、簡単に隠すこともできます。他の部分にもカゴを使うと、全体的に統一感が生まれます。

統一したカゴに入れる

統一したカゴに入れる

トイレに棚がない場合は、突っ張り棒を壁に渡すことで棚を作ることができます。この高さなら蓋がないカゴでも中身が見えにくくなります。

DIYでこだわりのある収納術

DIYで収納を作ることのメリットは、希望するサイズで作ることができることです。その上、限られたトイレスペースに無駄なスペースをつくらずに収納を確保することができます。

隙間を活用して収納するためのDIY

隙間を活用して収納するためのDIY

壁と便器の間は、限られたトイレ空間だからこそ無駄にしたくない一番の隙間ポイントですよね。そこにぴったりサイズの収納をDIYしてつくることで、トイレットペーパーがこんなにもたくさん収納できるようになります。掃除道具と仕切りを設けることで衛生面もクリアできますね。

ジャストサイズの収納をDIY

ジャストサイズの収納をDIY

近頃では、タンクレスタイプのトイレも増えてきましたが、タンクがあるので、タンク周りにDIYで収納を作っています。市販品ではこのジャスト感は味わえませんね。

番外編~補助便座の収納術~

番外編として、どこの家にもあるものではないですが、小さなお子様がいると必要なことが多い補助便座の収納術もご紹介したいと思います。

壁に掛ける

壁に掛ける

いざ便座にセットする際に取り出しやすい場所の置いておきたいけれども、壁に掛けることでのでっぱりが気になるなら、棚の下部分に掛けると良いですね。

100均金網+端材

100均金網+端材

いずれは使わなくなる補助便座だからこそ、使わなくなった時のことを考えると大掛かりではなく、100均の金網と端材を組み合わせて作ったものなら撤去も簡単ですね。


いかがでしたでしょうか。見た目も機能も兼ね備えた収納術ばかりですね。ほかにもたくさんRoomClipには紹介されていますので、検索してみてください。さっそく参考に、トイレを快適空間にしましょう。


RoomClipには、インテリア上級者の「トイレ 収納術」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

関連記事

RoomClipの関連タグ