「〇〇を逆さまにして塗るだけ♪優しいひと手間の利いた猫用食事台のレシピ」 by nobikoさん

「〇〇を逆さまにして塗るだけ♪優しいひと手間の利いた猫用食事台のレシピ」 by nobikoさん

誰でも簡単にアレンジやプチDIYを楽しむことができる「10分でできる100均リメイク」連載。

今回は、手作りで工夫しながら愛猫たちとの日々を丁寧に送るnobikoさんに、簡単にできる猫ちゃん用の食事台のアイデアを教えていただきました。『少し高さを出した方が食べやすいのでは?』そんな思いやりから生まれた素敵なレシピです。

教えてくれた人

猫の姉弟を飼いはじめて、この夏で2年になります。 猫飼い初心者夫婦ですが、試行錯誤しながら共に楽しく暮らす方法を模索中。夫がDIY好きなため、市販品に依存するのではなく『つくれるものは手作りで』がこだわりです。

必要なもの

所要時間

10分

購入する材料 計2アイテム 200円(税抜)

  • 小物入れ【Seria(セリア) 売場:収納】
  • ガラス食器【ダイソー 売場:食器】

必要な道具

  • ペンキ
  • ハケ
  • 割り箸
  • 新聞紙

つくりかた

STEP1

セリアの小物入れは、裏側を上にして台として使用します。強度を上げるため、十字の仕切りがついたタイプを購入しました。

STEP2

新聞紙を敷き、小物入れを塗装していきます。ペンキまたはワックスはお好みのものでOKです。今回は、たまたま家にあったカインズのウッドステイン(和信ペイント)のws-22/スプルースグリーンを使用しています。塗る時に割り箸を下に置いておくと作業しやすく、乾燥も通気性が上がるので早くなると思います。※乾燥まで約2時間ほどです。この時間は所要時間に含みません。

STEP3

塗料が乾燥したら、器をのせて完成です。我が家ではガラスの食器を使っていますが、こちらもお好みのもので大丈夫です。透明な器だと食べている様子がよく見えるので可愛いですよ。

ひと手間で増す快適

少し高さを足すことで、猫ちゃんの食事姿勢がグッと楽になるんですね。ほんのひと手間、ひと工夫で日常の動作が軽くできるんだな……としみじみ感じます。また、小物入れを逆さまに使うという着想は、『つくれるものは手作りで』を心掛けるnobikoさんご夫婦だからこそではないでしょうか。どんなものも見る角度を変えると思いがけない活用法が見えてくることがあります。今回のレシピはサイズや個数を調節することで猫ちゃん以外のペット用にもアレンジ可能です。ぜひ、nobikoさんご夫婦の愛猫思いの優しい発想と柔軟な視点を参考にしてみてください。

ワンポイントアドバイス

  • 材料は1セット分です。必要数に応じて購入数は調節してください。

nobikoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

みなさんの投稿をお待ちしております♪

本連載に連動して、ただいまイベントを開催中です。みなさんが試された10分でできる100均リメイクをぜひ投稿してください!

■■■■■■!以下3点ご確認ください!■■■■■■

  • 10分以内でつくれるもの(乾かす時間等、何もしない時間はのぞく)
  • 工具や塗料は初心者が持っていそうなもののみ
    →持っていなさそうなものは、100均でも購入できる工具・塗料であればOK
  • 執筆時点で材料がすべて購入できそうなもの
お待ちしております♪

関連記事

RoomClipの関連リンク