水屋のインテリア実例

201件
関連度順
1 2 3 ・・・ 次へ
1〜36枚を表示 / 全201枚

関連する記事

「水屋箪笥が主役!愛着がどんどん沸く、昭和レトロな台所」 by petitesplumesさん
「水屋箪笥が主役!愛着がどんどん沸く、昭和レトロな台所」 by petitesplumesさん
RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。今回は、レトロで温かい趣たっぷりの古民家風のインテリアづくりをされているpetitesplumesさん宅の、ホッとする台所をご紹介します。古道具の活かし方や、コーディネートの工夫などを伺っていきましょう。
収納しながらディスプレイも楽しむ!ガラスドアの棚があるお部屋
収納しながらディスプレイも楽しむ!ガラスドアの棚があるお部屋
お気に入りの雑貨や食器などを見せるように収納したい、でもホコリが気になる……。そんな方におすすめなのが、ガラスドアのついた棚です。ガラスドアにはどこかレトロ感があり、お部屋を味のある雰囲気にしてくれますよ。今回は、ガラスドアの棚にどのようなものがあるのか、そのディスプレイも含めて見ていきましょう。
和箪笥をおしゃれにリメイクして活用してみる
和箪笥をおしゃれにリメイクして活用してみる
和箪笥を洋服用のタンスとしてだけでなく、食器棚など様々な使い方をしている人達が増えています。またペイントしたり、パーツをつけたりなどのリメイクをして、楽しみ方も多種多様になっています。もしおばあちゃんやお母さんの和箪笥を捨てようかと迷っていたら、その前に、ご参考にしてみてくださいね。
古道具の良さを、趣を味わう。ガラス戸の食器棚があるキッチン
古道具の良さを、趣を味わう。ガラス戸の食器棚があるキッチン
古道具というと、和のイメージが強いですが、シンプルで無駄のないデザインは、さまざまなテイストに合わせることができます。なにより古道具独特の風合いは、他にはない、味わい深さががありますよね。そんな古道具のなかでも、ガラス戸がついた食器棚に限定した実例を集めました。古き良き趣を楽しんでみてください♪
独特の魅力を持つものたち。古いものを楽しむ暮らし
独特の魅力を持つものたち。古いものを楽しむ暮らし
アンティークにヴィンテージ、古道具。年月を経たものにしか出せない、独特の魅力を持つものたちです。古いものを古いままにせず、きちんと手入れをして使うことは、日々の暮らしと丁寧に向き合うことに繋がっている気がします。今回は、古いものを取り入れた暮らしを楽しまれている、ユーザーさんの実例をご紹介します。
味わい深いヴィンテージを楽しむインテリア♪アイテム&家具
味わい深いヴィンテージを楽しむインテリア♪アイテム&家具
良品質のユーズド家具を指す「ヴィンテージ家具」。家具やアイテムが過ごした時間が深い味わいとなり、さらなる魅力となります。RoomClipにもヴィンテージ品を楽しんでいるユーザーさんがいらっしゃいますよ。ユーザーさんが心惹かれたヴィンテージ、その魅力を見ていきませんか?
収納にもディスプレイにも使える!棚の上のデッドスペースの活用アイディア
収納にもディスプレイにも使える!棚の上のデッドスペースの活用アイディア
家にある棚の上のスペース、皆さんはどのように使われているでしょうか。特に使っていない、という方も多いかもしれませんね。今回はそのスペースを有効活用して、収納力をアップさせたりディスプレイを楽しまれたりしている実例をご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください!
アンティークな雰囲気にあこがれる♡古道具のある部屋
アンティークな雰囲気にあこがれる♡古道具のある部屋
アンティークな家具や古道具などを取り入れたスタイルのお部屋は、センスがあってあこがれるけれど、いざ挑戦しようと思っても悩んでしまう方も多いのでは。今回は、気軽に取り入れられる古道具の小物から古家具まで、その魅力を活かしながら、今の暮らしに上手に取り入れているユーザーさんの実例をご紹介します。
落ち着きある空間を☆レトロ感が魅力の古民家系インテリア
落ち着きある空間を☆レトロ感が魅力の古民家系インテリア
日本人の多くが懐かしさを覚える古民家系インテリアは、温かく落ち着きある佇まいが魅力です。今回は、古道具や天然素材を取り入れてレトロなスタイルを作り上げているRoomClipユーザーさんたちの実例を、リビングやキッチン、土間といった場所別にご紹介していきます。使われている家具にも注目してみてくださいね。
小物や家具の色づかいがポイント!レトロ可愛いインテリアのお部屋づくり
小物や家具の色づかいがポイント!レトロ可愛いインテリアのお部屋づくり
懐かしさとぬくもりを感じるレトロインテリア。古めかしくさせないコツはアイテムのカラーを厳選することです。そして選ぶ色によってレトロのテイストも変わってきますよ。昭和レトロやレトロポップなどジャンルはさまざま。ユーザーさんの実例を見て、小物や家具の色づかいを参考にしてみましょう。