DIYで人気の塗料【ワトコオイル】どうやって使ってる?

DIYで人気の塗料【ワトコオイル】どうやって使ってる?

【ワトコオイル】は木の温もりと味わいを引き出す塗料です。DIYをする方は、ワトコオイルにお世話になっているという方が多いんですよね。でもDIY初心者はいまいちピンとこない……。大丈夫!この記事ではワトコオイルを使うとどんな風になるか、どんな色があるのかなどをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

まずはビフォーアフターをみてみよう

ワトコオイルはほかの塗料と違って、ただ色を付けるだけではありません。色を付ける塗料を塗る際は、下地を塗るなどの工程が必要ですが、ワトコオイルは直接木材に塗るだけ!そんなに簡単なのに味わいをしっかり出してくれるんです。では、木材に塗ると、どんな感じになるのかビフォーアフターを見てみましょう。

組み立ててからでもOK!

何よりもうれしいのは、組み立ててからでも塗れちゃうというところ。ほかの塗料だとムラなどが気になるけど、ワトコオイルはそのムラさえも味わい!今使っているウッドインテリア、すぐにでもワトコオイルで変身できちゃいますよ。

もちろん木材に塗ってから組み立ててもOK

組み立ててから塗るのもOKだけど、塗ってから組み立ててももちろんOK。その方が、組み立てながら完成の予想ができるかも!

塗りたては、木材が濡れたような感じ

ワトコオイルは塗料ですが、染み込ませるタイプの塗料です。ですので、最初は木材が濡れた感じになります。時間が経ち乾燥すると、さらっとして、いい風合いになります。ペイントタイプの塗料よりも、ラフに塗れるのもワトコオイルの特徴です。

ハケ出すの面倒くさいから 旦那様の古Tで塗るのも拭き上げも やっちゃうよ(^。^)
suzy

木目がそのままで味わいが出る

ワトコオイルの特徴はなんといっても、素材の良さを残したまま進化をするというところ。木目もそのまま残し、さらにその木目を使って味わいを出す。むしろ元々の木材の状態よりも木目が目立ち、かっこよさも増すのです。

カラーは全部で8種類

現在出ているカラーは、ナチュラル、ホワイト、チェリー、マホガニー、エボニー、ドリフトウッド、ミディアムウォルナット、ダークウォルナットの8種類。実際どんな感じになるのか見てみましょう。

ホワイト

ワトコオイルって、ビンテージ感が出るイメージですが、ホワイトもあるんです。ホワイトなら、上品な味わいが出て、アンティーク感のほうが強く感じられるかも。ホワイトなら女の子らしいお部屋にも合いますよね。

ナチュラルなインテリアが好き他の家具に合うようにホワイトウッドを使ってワトコオイルのホワイトで仕上げました。
kzmykk512

ミディアムウォルナット

ナチュラル志向の方に人気のカラーは、ミディアムウォルナット。いろいろなスタイルのインテリアと溶け込みやすいカラーなので、色の心配がありません。

収納付きのベンチを作りました。色はテーブルと同じワトコのミディアムウォルナットを。
nao

エボニー

男前なヴィンテージ感の出るエボニー。8カラーの中でもブラックな感じが出るのがエボニーです。男前インテリアなど、かっこよさを取り入れたスタイルにはエボニーがおすすめです。

前面の板をSPF材に貼り替え、 ワトコオイルのエボニーで塗装。
Eri

ダークウォルナット

ちょっと濃いめの色合いで、ヴィンテージ感、アンティーク感を出したいのならダークウォルナットがおすすめ。特に、もともとの材料が年月を経ていると、ヴィンテージ感がかっこよく出ます。

ワトコオイル応用編

ワトコオイルは1度塗り、2度塗りで色合いも変わってきます。また、元の木材の種類によっても出る色合いが変わってきます。そのほかにも、ちょっとしたアイデアで、オリジナルを完成することができちゃいますよ。

いろいろな色を使って

単色塗ではなく、何カラーか使って仕上げてみるのもアリ!ちなみに、ワトコオイルはカラー同士を混ぜて使うこともできるので、オリジナルのカラーが作れちゃうんですよ。

IKEAで買ったガーデンチェアとテーブルにヤスリをかけて、ワトコオイル4色で塗り分け
Ogawa

濃淡をつけて

塗り方も、べた塗りではなく、濃い目に塗る部分と、薄めに塗る部分を分ければ、一枚の板でも表情が出ます。

周りを濃いめに 中は薄めに塗り塗りしてみた。
hee

ワトコオイル……。これはかなり万能な塗料☆木材本来の良さも活かしつつ、カラーを変えられるのは本当にうれしいですよね。ぜひDIYで使ってみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ワトコオイル DIY」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ