窓に洗剤、冷蔵庫にラップ!30分以上の時短を叶える掃除術

窓に洗剤、冷蔵庫にラップ!30分以上の時短を叶える掃除術

掃除にかける時間をもっと減らしたいとお考えなら、「汚れ予防対策」を実行してみてはいかがでしょうか?この記事では、お掃除上手なユーザーさんが実践している、とっても役立つ汚れ予防の方法をご紹介しています。複数実践すれば、30分以上も時間を短縮できてしまうかも!ぜひお掃除の参考にしてください。

ホコリ対策法

洗濯機の脇や冷蔵庫の上など、気付かないうちにどんどんホコリが溜まってしまうデッドゾーン。まずはじめは、そんなデッドゾーンのお掃除を楽にしてくれる「汚れ予防策」をお届けしていきます。絶賛したくなる凄いアイデアがそろっていますので、どんどん活用して、お掃除を楽にしてしまいましょう♪

窓のサッシはマスキングテープで

窓のサッシは細く、お掃除のしにくい形状をしています。そんなサッシにホコリがこんもり溜まってしまうと、キレイにするまで5分以上かかってしまうことも。そこでおすすめしたいのが、あらかじめサッシにマスキングテープを貼っておくこちらの予防策です。こうしておけば、マスキングテープを剥がすだけでお掃除完了です。

冷蔵庫の上はラップで対策

冷蔵庫の上も、気付けばホコリが山になっているデッドゾーン。1度や2度の水拭きではホコリを除去できず、思いがけず時間を取られてしまうこともあります。そんなこの場所は、ユーザーさんのようにラップを敷き、マスキングテープで固定しておくと◎。ラップを剥がすだけで、サッとホコリを除去できてしまいます。

洗濯機の脇もラップで予防

掃除機もモップもかけにくい洗濯機の脇。この場所も、事前の準備で時短掃除ができるんです!このようにピンッとラップを貼っておけば、ホコリが溜まったころには貼り替えるだけでお掃除完了。洗濯機を移動する必要もないので大きな時短に繋がります。こちらのユーザーさんは、コストコのプレスンシールを使用されています。

防水パンに髪の毛やらホコリがたまり掃除しにくいししたくない!という事でコストコのプレスンシールを貼ってみました。 ちょっとシワよってるけどピタッとくっつくしいいかも。
-mai-

便器と床の溝はIHすき間ガードで塞ぐ

掃除がしにくい場所と言えば、便器と床の間の細い溝も忘れるわけにはいきません。この場所では、こちらのユーザーさんの予防策が大活躍してくれます。その予防策とは、100円均一が販売している、シリコーン製のIH用すき間ガードを便器と床のすき間に挟むだけ。これですき間が塞がるので、お掃除の必要がなくなります!

カビの対策法

発生すると、除去に時間と労力がかかるしつこいカビ。このカビの発生が防げれば、間違いなくお掃除の時間をグーンと減らすことができますよね。そこで次は、絶対に役立つカビ予防策をご紹介します。今回は、ただ役立つばかりでなく、時間と手間のかからない対策法ばかりをピックアップしてみました。

防カビ剤で予防する

家の中でもっともカビが発生しやすい場所は、やはりお風呂場ですよね。毎日お湯を使う場所ですから、シッカリとしたカビ対策が必要になります。そこでおすすめしたいのが、こちらのユーザーさんも実践している防カビ剤を用いたカビ対策です。1~2か月に1度焚くだけで、お風呂場全体のカビ予防ができてしまいます。

アルコールで天井のカビ対策をする

お風呂場の天井は、1番カビが発生して欲しくない場所と言えるほど掃除のしにくい場所。「絶対にカビを発生させたくない」というのであれば、防カビ剤にプラスして、こちらのカビ予防もしましょう!方法は、週に1度、アルコールを染み込ませたワイパーで天井を拭くだけ。ロングタイプのワイパーなら、とっても簡単です。

ドライシートにアルコールを吹き付け これで天井を拭くことによって カビ菌を死滅させられるそうで☆
hanaha

食器用中性洗剤で結露の発生を防ぐ

窓も、結露が原因でカビが発生してしまいがち。結露対策をして、カビの発生を防ぎましょう。おすすめの対策は、こちらのユーザーさんが実践している、食器用中性洗剤を付けたマイクロファイバーの布で窓やサッシを拭く方法です。ユーザーさんは、これだけで結露防止フィルムよりも大きな効果を得られたそうです。

キッチンのコゲ&油汚れ対策法

キッチンのコゲや油汚れも、落とすのに時間がかかる厄介な汚れです。最後は、そんなしつこいコゲや油汚れが付くのを未然に防いでくれる、スペシャルなアイデアをお届けしていきます。絶賛したくなる凄いアイデアがそろっていますので、こちらもぜひ参考にしてください。

アルミホイルでコゲ付きを予防する

パンくずなどを受けてくれる、トースターの受け皿。お手入れを放っておくと、パンくずなどが焦げ付いて、大変なことになりますよね。これを防ぐには、こちらのように受け皿の上にアルミホイルを敷くといいようです。実践しているユーザーさんも、お手入れが楽になったと大満足のようすです。

オーブントースターの受け皿に、 セリアの「デザイン アルミホイル」 で包んでみました♪
tenten

油はねガードで壁を油から保護する

油でベタベタのギトギトになった壁は、お掃除が大変。放置していると、何十分も磨き続けなければいけません。こんなひどい油汚れは、こちらのユーザーさんのアイデアで防ぐことができます。このように油はねガードを設置しておくと、油が勢いよく壁に向かっていくのを防いでくれるのです。

専用のマットで油汚れとコゲを防ぐ

IHクッキングヒーターもまた、油がこびり付きやすい部分の1つです。コゲ付きやすくもあり、お掃除にかなり時間を取られます。こちらの油汚れやコゲ対策には、IHクッキングヒーター専用の汚れ防止マットが効果的です。ちなみに、ユーザーさんが使用している愛らしいマットは、よこやまの商品だそうです。


お掃除の苦労を減らしてくれるアイデアがたくさんそろっていましたね。すべて実践すれば、30分どころか、1時間以上の時短に繋がりそうです。みなさんも、ぜひこれらのアイデアを取り入れてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「掃除 時短」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ