「シンプルなカッコよさと、もてなす心の温かさで紡ぐオープンなキッチン」 by greenforestさん

「シンプルなカッコよさと、もてなす心の温かさで紡ぐオープンなキッチン」 by greenforestさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、ホッと心穏やかに落ち着く空間づくりをされているgreenforestさん宅で、インテリアの一部になっているオープンスタイルのキッチンをご紹介します。暮らしやすさと好きなものを楽しむことを、心地よく両立した工夫は特に必見です。

50平米ほどの築約47年の中古物件をリノベーションして、ひとり暮らしをしています。月に一度、友人向けに茶道教室を開いているので、『たくさんの人が集まれる空間・余白を大切にした部屋づくり』を心掛けています。

黒で引き締めた、シンプルなオールステンレス

greenforestさん宅のキッチンは、スタイリッシュなデザインと、その場に欠かすことのできない道具や食器の優しい表情が、絶妙に溶け合っているのが印象的です。シンプルだけれど味わい深く、カッコイイけど優しい……そんな絶妙さに惹かれます。どのような点に気を配ることで、こうした素敵な空間を生み出すことができるのでしょうか?まずは、キッチンづくりのこだわりからお伺いしてみましょう。

greenforestさん

「わいわい楽しみながら、友だちをおもてなしできるキッチンにしたいと考えていたので、リビングに面したペニンシュラ型を選びました。デザインは、スッキリとしたものが好みです。そのため、キッチンもシンプルに、オールステンレス仕上げです。水栓やレンジフードなどディティールで黒を取り入れ、カッコよく引き締まるようにしました。」

全ての空間を見通しながら、触れ合える場所

ベッドルームも室内窓で仕切ることで、ほぼワンルームの体裁を取られているgreenforestさん宅において、キッチンはその全体を見通せる場所にあります。そして、フルオープンのペニンシュラスタイルだから、ゲストがどの場所にいても声が届き、視線を合わせることができるのが魅力です。『わいわい楽しみながら、おもてなしを……』素敵なコンセプトに適った、隔たりのない空間は、その一方で収納や見せ方にまでこだわる必要があるはず。

そこでここからは、greenforestさんのキッチンの『魅せ方』と『使いやすさ』の工夫にフォーカスしていきます。飾るような収納に挑戦してみたいという方や、現代の暮らしに合った家事動線を取り入れたいと検討している方も注目してみてくださいね。

キーワード1 家事をひとまとめにした、こだわりの作業台

greenforestさん

「スペースを生かすため、キッチンの作業台の下に、ドラム式洗濯機をビルトインすることにこだわりました。すぐ隣がバスルームなので、家事を一カ所で済ませることができ便利です。奥行きもゆったりとした作業台は、季節に合わせた飾りも楽しんでいます。」

キーワード2 好きなものを飾ることを楽しみながら、スッキリと

greenforestさん

「部屋は、ほぼワンルームのようなものです。そのため、キッチンもどこからでも見えます。だからこそスッキリと、でも自分の好きなものも飾りたいと思い、ウォールシェルフを取り付けることにしたんです。ここには、好きなガラスものと白い食器を中心に飾っています。ちなみに、上に乗っている動物たちは、旅先で置物を買うのが好きだった父の形見で、お気に入りです。」

キーワード3 キッチン横にもオープンシェルフをDIY

greenforestさん

「キッチン横にも、お気に入りの食器を飾りながら収納できるウォールシェルフをDIYしました。奥行きや高さを自分で調整することができます。必要に応じて、棚を追加していこうと思っています。ここに置いているのは、好きな作家さんの器や骨董市で少しずつ集めている豆皿たちです。眺めつつ、使っています。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

greenforestさん

「キッチンは、お家にとってとても大事な場所だと思います。どんな場所にしたいのか、そこでどんな風に過ごしたいのかをイメージし、インテリア関係のSNSなどで自分の好きな写真をたくさん集めることからはじめるのが良いと思います。そうすることで、自分の好みを知ることもできます。また、キッチンは動線や便利さも大事です。使いながら、自分が心地よく作業できるよう、道具の配置を考えていくのもコツではないでしょうか。まだまだ私も、私のキッチンを進化させて行きたいと思っています。」

まとめ: もてなす心で整える

ご友人を招く機会も多いというgreenforestさん宅のキッチンづくりには、『おもてなしの心』が詰まっているように思いました。それが一番に現れているのが、料理をしながら、お茶やお菓子の用意をしながら、くつろぐゲストとのコミュニケーションを楽しめる、オープンなペニンシュラスタイルを採用されている点。そして、『お気に入り』を見えるように整理することで、ゲストの目も自分の気分も満たしていきます。

シンプルにカッコよく、でも温かく思いやりいっぱいに……。greenforestさんのキッチンづくりには、お人柄もにじみ出ます。抜群の家事動線を実現した、間取りや家具のレイアウトも秀逸でした。参考にしたいことがたくさん詰まったgreenforestさんのキッチンは、これからも進化を続けていくとのことですので、ぜひお見逃しなく。


greenforestさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク