切ったり折ったりも簡単に♪アルミ缶クラフトが楽しい

切ったり折ったりも簡単に♪アルミ缶クラフトが楽しい

ビールやジュースの空き缶は、捨ててしまうには惜しい手作りの材料です。軽くてやわらかいアルミ缶は、簡単に形を変えることができます。側面を切り出して開けば、平らな厚紙のような状態に。空き缶ですから、失敗しても大丈夫です。気軽にチャレンジしてみましょう。アルミ缶をリメイクしたクラフトをご紹介します。

切って開けば厚紙のように使える

アルミ缶のいいところは、ハサミで簡単に切れることです。ビールやジュースの空き缶にハサミを入れて、側面のやわらかい部分だけ取り出してみましょう。簡単に平らにならすことができます。厚紙のように好きな形に切り取れば、プラントマーカーやラベルなど、小さな雑貨を作ることができます。

アンティーク風の壁掛けプレート

アンティーク雑貨のようなプレートは、もとがアルミ缶とは思えない仕上がりです。右側は、セリアのプレートとのことですが、どちらが既製品かわからない仕上がりですね。線を付けて折れば、直線がきれいに切りだせます。アルミはとても使いやすい素材なんですね。

錐で穴を開けてハサミで切りました。四角くカットする時はカッターで線を付けてパキっと折れば簡単に真っ直ぐになりますよ«٩( ˃̶̤ ꇴ ˂̶̤ )
megu_xxx

野外に置けるポストカード

こちらのユーザーさんが作られたのは、野外に置けるポストカード。切手や消印などがコラージュされて、紙のポストカードのように見えますが、アルミ缶クラフトだから濡れても大丈夫!まるまっていたアルミを平らにするには、机の側面に押し当てるのがコツのようです。

机の側面のとこにあててまっすぐにしてます。あとは気合いで。
hiroko

多肉植物に合うガーデンピック

多肉植物の寄せ植えには、アンティーク品に見えるガーデンピックが飾られています。こちらもアルミ缶リメイクの作品だそう。水色のペイントや、歴史を感じさせる字体、錆びた加工など、とても凝った作りです。アルミがベースになっているとは思えない、どっしりとした印象ですね。

繊細な木の葉のガーランド

こちらのユーザーさんは、エビスビールの空き缶の地色がゴールドなのを利用して、葉っぱのガーランドを作られました。さらにアクリル絵の具を重ね、葉脈も付けたという繊細な細工に見とれてしまいます。クリスマスディスプレイなどにも使えそうなアイデアですね。

アルミ缶で作った木葉のガーランドはワイヤーでつないでるので、クルクルするとリースにもなります( *´艸`) 葉脈まで一枚一枚フォークでつけて、時間をかけてペイントしました!
totonatulove

円筒形の形を活かしたハンドメイド

円筒形の形を利用したリメイクもおすすめです。軽さを利用し、磁石を貼って小物入れにすれば、冷蔵庫などに貼り付けできます。もとの缶のデザインが気に入ったら、それを活かすとポップな雑貨に変身します。缶にサビ感を出したり、デコレーションするのも楽しみの一つ。デコしだいで、テイストの違う雑貨が作れます。

カレンダー付き収納ボード

ユーザーさんは、アルミ缶に磁石を取り付け、ホワイトボードにずらっと並べ、文房具などの収納コーナーを作られています。必要なものだけ取り外して使うこともでき、とても実用的ですね。缶がカレンダーになっているのにも注目です。モノトーンとアルファベットがかっこよく、アーティストのアトリエみたいですね。

本来は字を書くホワイトボード。 なかなか使う機会がないのでアルミ缶に磁石を貼って細かな文房具などを入れる収納ボードにリメイクしました。 アルミ缶にカレンダーを貼ったら更に便利!
mymi

底をつぶし持ち手を付ければバッグ型に

缶の底の部分をつぶし、ワイヤーで持ち手を付ければ小さなバッグの完成です。カラフルなビールの缶のデザインをそのまま活かしたミニバッグは、壁に数個並べて飾るのも楽しそう。こんな楽しみを知ったら、ジュースやビールを選ぶときも、缶のデザインのよいものを選びたくなりますね。

毎晩ビール飲む旦那は、知らない間に協力しちゃってます( 〃▽〃)vさりげな~くKALDIのビールを冷蔵庫に忍ばせてました|ωΟ。)グフフ♪*゚
crea

横に使って多肉植物のプランターに

円筒形の缶を横向きに置いて、多肉植物のプランターにするアイデアです。横に置いたビール缶の上をフタの形に切り開き、中には多肉植物を寄せ植えに。サビたようにデコすると、かっこいいミニガーデンができ上がります。もとのビール缶の面影がない、見事なアンティーク加工ですね!

アイデアしだいでこんな雑貨も!

もとがアルミ缶だったとは思えないような雑貨も作ることができます。元はアルミ缶でも、色の付け方を工夫すれば、重厚感が出たり、ナチュラルテイストになったり。紙のようにハサミで切れるので、慣れれば繊細な細工も自由です。アルミ缶工作の楽しさを知ったら、次々作りたくなりそうです。

立体的な星のオーナメント

こちらのユーザーさんは、アルミ缶で立体的な星を作って、どっしりと存在感のあるオーナメントを作られています。アルミ缶はハサミで切りやすいので、星の鋭角なども切り出すことができます。手先の器用さが必要になりそうですが、アルミ缶工作に慣れてきたら、挑戦してみたいです。

ワイヤーと合わせてちりとりに

雑貨屋さんでいいな、と思っていたようなあこがれ雑貨も、アルミ缶で作ることができます。ユーザーさんは、アルミ缶でちりとりを作られました。すのこをリメイクして棚を付け、小さな鉢植えをディスプレイするなど、アイデアと工夫がいっぱいのガーデンコーナーです。枝を使ったほうきもかわいいですね。

ロマンチックなキャンドルホルダーに

シンデレラ城とカップケーキ型のキャンドルホルダーは、夏休みの自由作品なのだそうです。やわらかく紙のように切ることができるアルミだから、子どもの工作にも使いやすいのですね。穴を開けて文字にすれば、キャンドルの灯りがもれて、ロマンチックなインテリアに!壁に映るシルエットも素敵です。

ビールの空き缶でキャンドルホルダー作りました♪ シンデレラ城と、カップケーキです♪
mugi-fuku

今までなら捨てていたビールやジュースの空き缶が、こんなに使いやすいハンドメイドの材料だったとは、うれしい驚きでした。曲げたり切ったりが自由にでき、色を付けたりデコするのも楽しくて、作り出すと夢中になりそうです。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「アルミ缶 リメイク」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク